バイナリーオプションというものは、初心者でも始めやすい取引方法であるといわれています。

まず、バイナリーオプションは、非常にシンプルな取引方法であるといわれており、ある銘柄が上がるか、下がるか、ということを予測するだけになりますので、非常にシンプルとなっているのが特徴です。

株などの場合、とても複雑となっていることが多く、初心者の場合には、大きく儲けるのは難しいことも多いです。しかしバイナリーオプションは、非常にシンプルな取引方法となっていますので、初心者がなんとなくチャレンジしたとしても、大儲けすることができる可能性も高いのです。

しかし、バイナリーオプションで大きく儲けたいという場合には、それなりに作戦を立てた方が良いといえます。たとえば、あらかじめ勉強をしておいたり、本を読んで研究をしておくことで、さらに取引で稼げる可能性が高くなります。
最近では、セミナーなども開催されていますので、参加して方法を知ることもお勧めです。

バイナリーオプションのメリット・デメリット

バイナリーオプションは、日本で6,7年前から実施されている取引方法です。バイナリーオプションの特長は、あらかじめ設定されている対ドル為替相場より高くなるのか、安くなるのか指定された時刻までに予想するだけなので、初めて投資を始めようと検討している初心者にお薦めの投資方法です。

また、バイナリーオプションは株式投資やfxと違い相場の値幅が小さいのでリスク管理がしやすく、取引も翌日まで持ち越すことなく当日中に成立することが特徴です。

しかし、バイナリーオプションにもデメリットがあり、高くなるのか、安くなるのか二者択一で予想するバイナリーオプションはギャンブル的要素が他の投資方法と較べて、比較的大きいことが挙げられます。バイナリーオプションで安定的に利益をあげるには、過半数の予想を当てることが条件なので取引する際には何故この選択を選んだのか等、根拠を明確にして相場を予想し、無理のない投資をすることが大切です。

FXが複雑なときにはバイナリーオプションがおすすめ

バイナリーオプションは、FXが複雑だと感じるトレーダーにおすすめできる取引方法です。数分後、数時間後に現在の値より高いか安いかだけの判断だからです。細かく指値を設定したり幾らで売り抜けようなどの戦略性を持つ必要がありません。為替市場において、気軽に二択の賭けができるのが魅力です。

リターンは2倍未満だから、単純に二択をしつづければ確率的にはどんどん資産を減らします。しかし、予測できるというところがたんなる二択の賭けとは異なるところで、ローソク足をみて値動きを予測することができたり、トレンドを加味することができたりします。だから、予測が当たれば、勝率を上げていくことは可能なのです。

はたして予測を当てることができるかどうかですが、その予測はFXと同様に賭ける者がどのように分析するかによります。この経済指標があるから上がる、そろそろヨーロッパ時間だから下がるなどの予測法は経験者が漠然と知っているものと思います。

バイナリーオプションの必勝法はある?

バイナリーオプションはギャンブルであるといっていいでしょう。もちろん、経済や為替の知識があれば少しは投資として考えられることもありますが、基本的にはギャンブルと同じように考えて必勝法を考えることがバイナリーオプションに勝つ近道です。

ハイアンドローでは必勝法や何も考えずにバイナリーオプションに取り組んでも勝率は50%です。そうなれば、ペイアウト率が2倍であれば、勝ち負けはイーブンになります。しかし、ペイアウト率が2倍というバイナリーオプションはありえないのは考えれば分かりますから、バイナリーオプションに勝つためにはまずはペイアウト率が高い業者を選ぶことを優先します。

調べてみればペイアウト率が1.8倍くらいが良い業者をなっているようですので、100円に対する期待ペイアウト率は90円になります。10%の手数料です。バイナリーオプションに勝つためにはこの10%の手数料を乗り越える方法を編み出すことがバイナリーオプションに勝つ必勝法となるのです。

バイナリーオプションに勝つ必勝法

バイナリーオプションの代表的な投資のハイアンドローを考えてみれば分かりますが、バイナリーオプションは単純で簡単な投資ということは間違いありません。ハイアンドローに至っては何も考えずに投資をしても、勝率は50%ありますし、為替や経済の勉強をすれば勝率を上げることも難しくありません。為替や経済の勉強をしていれば、バイナリーオプションに勝てるかといえばそれほど簡単ではないのはバイナリーオプションをやったことがある人はわかるでしょう。

為替や経済の勉強の他の数学的な根拠のある必勝法がバイナリーオプションに勝つためには必須です。為替や経済の知識と数学的な根拠のある必勝方をうまく活用すれば、バイナリーオプションに勝てる可能性は高くなります。

少なくとも必勝法はどんどん手を入れて自分の使いやすいように、勝てるようにグレードアップできますから、少なくともどんどん負けにくくなって、勝てる可能性が上がっていくことは間違いありません。

ワンタッチ形式のバイナリーオプションの魅力

取引終了時のレートで勝敗が分かれるハイロー形式のバイナリーオプションとは異なり、ワンタッチ形式のオプション取引では、取引時間内に一度でも指定レートに達していれば取引が成功となります。その為、早ければわずか数分で取引の結果が確定することもあるのです。

ハイロー形式のバイナリーオプションでは、結果が分かるまでだいぶ待たなくてはなりません。現在の取引時間は概ね2時間になっているので、早めにチケットを購入した方は、約2時間待つことになるというわけです。終了直前に取引に参加すれば短時間で結果は分かりますが、その頃には成功しやすいチケットは価格も高くなってしまっているので、多くの利益を得るのが難しいというデメリットも出て来てしまいます。

ワンタッチ形式のバイナリーオプションでは、ペイアウト倍率も高めになっていることが少なくありません。もちろん取引に成功しないとペイアウトは受けられないわけですが、より短時間で大きな利益を得やすいのは、ハイロー形式よりもワンタッチ形式の取引だと言っても過言ではないでしょう。

バイナリーオプションのペイアウト倍率

バイナリーオプション業者では、ペイアウト金額が固定になっていることが多いです。その代わりチケットの購入金額が変動する仕組みになっており、購入時の価格によってペイアウト倍率が変わっていくことになります。

ペイアウト倍率が高いほど、取引によって得られる利益も大きくなります。以前は国内業者のペイアウト率は2倍くらいになっていることが珍しくありませんでしたが、現在は1.8倍程度が多くなっています。バイナリーオプション取引自体の成功確率が2分の1であることを考えると、ほんの少しペイアウト倍率が小さく感じてしまうかもしれません。

業者によってペイアウト倍率に違いがあるのは、各業者の利益となる部分に違いがある為です。ペイアウト倍率が低い業者の方が業者が得る利益が多くなっているので、ユーザーがたくさん利益を得るには、ペイアウト倍率が高い業者を選んだ方が良いというわけです。

とはいえ、チケットの購入価格とペイアウト金額のバランスを上手に見極めながら取引を行えば充分な利益を得ることは可能です。業者選びの際にペイアウト倍率を比較することも大切ですが、まずはバイナリーオプションでの利益の得方を意識してみると良いでしょう。

チャンスの多い投資はバイナリーオプション

投資で大きな利益を得るには、どちらか一方の流れに強く動いたときに取引するというのがセオリーですが、たとえ相場が大きく変動していなくてもバイナリーオプションなら毎回チャンスがあります。普通は相場の方向を当てるのに加えてどれだけ差益が取れるかということが重要になるのはよく知られているはずです。

そんな常識を覆して、こう着状態のときでも勝利をもぎ取って元手の何倍にも資金を膨らませられる希望を与えてくれるから、バイナリーオプションは他の投資と平行して片手間でやることも容易いと感じます。予め取引期間が短く設定されているにもかかわらずどうしてそんなことができるのかというと、ハイ・ローやレンジといった多様な取引方法があるからです。

だから、トレンドの有無で戦略を柔軟に切り替えていけるため、見たままの動きを捉えて利益に変えやすいという、直感を信じて稼ぐトレーダー向きといえます。バイナリーオプションを扱う業者は海外も含めかなり増えてきましたが、まずはみんなのバイナリーやLIONBOといった大手の業者で口座開設して始めるのが良いと思います。

バイナリーオプションについて疑問に感じること

バイナリーオプションは為替相場に関連したオプション取引です。仕組みが難しくなく誰でも簡単に参加することが可能であるということもあり一部ではかなり人気があるようです。
私も何度かバイナリーオプションの取引をしてみましたが、確かに勝負が早く、簡単であることには疑問はありません。

しかし、バイナリーオプションの教科書的なサイトなどを見てみればバイナリーオプションを始めるにあたっては為替や経済の知識や勉強が不可欠と言うような論調のサイトがたくさんあります。さすがに為替に関して全く知識がないということであれば、バイナリーオプションの取引はしないのでしょうが、為替の知識も普通の人が知っているような知識があればバイナリーオプションを始めることができます。経済の知識もほとんどなくても始めることができます。

為替や経済の勉強を深めれば勝率が上がるような論調もありますが、私が見るところでは為替や経済の勉強はそれほど意味がないような気がするのですが、どうでしょう。

バイナリーオプションは、購入金額以上の損はなし

バイナリーオプションは決められた時間内に規定の条件を満たしていれば報酬が支払われる取引です。FXの場合、ポジションを持つのに証拠金が必要ですが、バイナリーオプションはチケットを購入する仕組みなので、証拠金が要らないのです。

チケット料金は業者によって違いますが、みんなのバイナリーという業者は50円から購入可能です。他でも2000円あれば購入できて、時間内に条件を満たしていなければ購入した料金が戻ってきません。それだけです。
>>国内バイナリー業者

FXのように損が無限ではないので、損切りできない人にはバイナリーオプションがおすすめです。取引内容は例えばこんなものがあります。購入した価格から時間内に上がるか下がるかを予想するハイ・ローです。もしも米ドル円の円高を予想してチケットを買ったとします。時間内に買った価格からたった1PIPSでも下がっていれば動いた値幅は関係なく、報酬が支払われるのです。私は、ハイ・ローを経験したことがあります。

ボラの少ない閑散とした相場ですと、方向感がつかめないため、失敗しやすいと感じました。ハイ・ローは、ボラの大きい相場で買うのが利益になりやすいと感じます。

バイナリオプションにまつわる問題

バイナリオプションは名前の通り、グラフが上昇するか下降するかを予測するだけの極めてシンプルな取引サービスです。その簡便さから若年層や主婦、年配者まで満遍なく新規参加者があるのですが、問題も抱えています。

その一つが「2分の1で勝つと思っているひとがあまりに多い」ということです。もしそうだとしても2分の1で負けるということでもあるのですが、現実はもっと厳しいといえます。少なくとも事前の調査や分析なしに大金を投じるのはあまりに危険といえるでしょう。少額ずつから始めた人が、「もうちょっと、あと一回」と不利な取引を繰り返して莫大なマイナスを抱えてしまうのもよく聞く話で、FXで起きる問題と似たところがあります。

 もうひとつが、「海外業者による換金トラブル」です。せっかく大金をデータ上では設けたのに、そのデータを現実のお金に換えるときに高額な手数料を請求される、口座に振り込まれないなどの問題です。
どちらの問題でも原因になっているのは、「情報不足、分析不足、勉強不足」です。楽して儲かる話はなかなか無いようです。

バイナリーオプションの怖いところ

 バイナリーオプションは、買ったレートより高い(ハイ)か低い(ロー)かを予想し、最短1分で結果が出る簡易FXです。お金を入金する際にも様々なオプションがついており、最高で入金額の500%をプラスするサービスもあります。

 そんなバイナリーオプションは何も知らずに行ってしまうと必ず痛い目を見ることになります。1つ目は、最初に挙げたレートより高いか低いかを予想するハイ&ローです。最初は確かに勝ち続けていくことができます。ですが為替は変動するものです。

いつの間にか勝ち続けたことが嘘のように負け越してしまいます。そして、登録時に入れた入金額も底をつきまた入金することとなります。2つ目はオプションの入金額に合わせたパーセンテージをプラスするスサービスですが、こちらにも注意が必要です。このサービスの内容を読むとボーナス条件というものがあります。これは、入金額の何倍をバイナリーオプションで消化してからでないと出金ができないルールがあります。オプションによっては少ないボーナス条件もありますし、今まで溜めたボーナスをリセットするオプションもあります。それにも入金した分ボーナスが加算されます。

 最後になりますが、バイナリーオプションは必要な知識と経験がなければ成功するのは難しいサービスです。確かに簡単で速くに結果がわかる内職はそうそうありません。ですが、それらはきちんとした知識があってこそです。始める前には必ず必要な知識を身に着けてから始めることをおすすめいたします。